【2021年度版】おすすめビーツヘッドホンをワイヤレス・有線で分類してご紹介!

ビーツ ヘッドホン ワイヤレス 有線

ちびくじら

この記事では、ビーツのおすすめヘッドホンをワイヤレス・有線で分類してご紹介していきます。

ビーツとは

ヘッドホン ビーツ

本社はアメリカにあるオーディオメーカーです。有名人の愛用者が多いことで有名です。2014年にAppleの傘下に入ったことで、iPhoneやiPadなどのApple製品との連携が強いところが特徴です。

デザインはシンプルでかっこいいので、街中でも見かけることが多くなっているのではないでしょうか。bのマークが目印です。

音の面では全体的に低音強めでEDMなどの低音マシマシにしたいという方や、アップテンポのj-popやヒップホップなどにもおすすめできます。

充電時間が短くて済む部分も特徴です。朝起きてから充電していないことに気が付いても10分の充電で2時間くらい使えたりします

製品は数が少なく今出回っているものは4種類です。しかし、この4つで完結しているといってもいいほどのできなので、ぜひビーツ製品についてよく見てみてください。

ギザギザ

ヘッドホン比較ポイント

ヘッドホン おすすめ

最低限見ておきたい機能を6つに絞ったので、表でみて欲しい性能を持っているヘッドホンをできるだけ安く買いましょう。

選ぶポイント
  1. ハウジング(耳を覆うところ)
  2. 装着の仕方
  3. ノイズキャンセリング
  4. イヤーパッドの素材
  5. 重量
  6. 接続方式

詳しく見たい方はこちらから

【初心者必見】ヘッドホンの選び方を徹底解説!~外見からわかることや性能の数字の読み方をわかりやすく解説~

1.ハウジング(耳を覆うところ)

開放型 

耳に充てるところに穴が開いているものです。中高音がきれいに聞ける傾向があります

メリット

空間の広がりを感じやすくスピーカーで聞いている感覚に近い
密閉型に比べて聞き疲れが起きにくい
軽量なものが多い
中高域に強い
音楽などを聴きながら会話ができる

デメリット

遮音性が低い
音漏れする
低音に弱い

密閉型

耳に充てるところがふさがっているものです。低音が力強く聞ける傾向があります

メリット

遮音性がある
低音に有利
音漏れの心配が少ない

デメリット

閉鎖感を感じることも
密閉しているため蒸れやすい
耳や締め付けが強いものもある
開放型に比べて距離感や生音の雰囲気が感じにくい

2.装着の仕方

1. オーバーイヤー型

耳全体を覆い、ヘッドホンの重量を頭で支えるようにできています。

メリット

付けたときに安定感がある
長時間つけていても耳が痛くなりにくい
オンイヤー型より音質が良い傾向がある

デメリット

重たい傾向にある
大型のものが多い
値段が高くなりがち

2. オンイヤー型

ヘッドホンで耳を抑え、重量を支えるようにできています。

メリット

軽い
小型で持ち運びやすい
安いものが多い

デメリット

耳の締め付けによっては長時間つけていられない
頭を傾けると落ちそうになることもある

3.ノイズキャンセリング

周りの音を打ち消す音を出してノイズを消すものです。騒音の多い場所で使うのであれば欲しい機能です

4.イヤーパッドの素材

唯一直接肌に触れる部分なのでそれが好みや、どの音域に強いかも変わってきます。かっこの中に注目してみてください

5.重量

オーバーイヤーヘッドホンの重量の平均は200g~300gほどです。オンイヤーヘッドホンは130g前後で軽いものがおおいです。この重さは単1の電池くらいです。基本的に機能が多くなると重くなる傾向にあります。オーバーイヤー型とオンイヤー型でも変わってきますが、平均からどれくらいかを見てみるとよいと思います。

6.接続方式

何につながるかを見ておくと、買ってすぐ接続できなくて返品ということがなくなります。有線か無線かをここで確認してください

1. 有線

メリット

映像との時差がない
外部からの影響を受けない
音質劣化が起きにくい
対応機器が多い

デメリット

線が邪魔になることも
端子が違うと使えないことも

2. 無線

メリット

線がからまったりすることが無くなる
線によって動き回りづらかったこともなくなる

デメリット

映像との時差が生じることもある
充電が必要
電波や環境によってはつながりにくくなることもある
機器によってはつながらないこともある

ギザギザ

ビーツワイヤレスヘッドホン

1. Solo Pro

Amazon

製品名 Solo Pro
値段 ¥28,881(2021年7月)
販売開始 2019年10月
カラーバリエーション ブラック・アイボリー・グレー

Solo3 wireless の上位機種で、オンイヤー型でワイヤレスとノイズキャンセリング機能を持ち合わせています
見た目はSolo3 wireless にそっくりで、イヤーカップにBeatsのbの文字が書いてあります。そして、右側のイヤーカップを押し込むことで音楽の設定ができます。イヤーカップ中央を押すと再生/停止、上部、下部を押すことで音量の設定、長押しをすることでSiriの起動ができます。Appleの傘下に入った会社というのもあり、Siriとの連動もスムーズです。

左側のイヤーカップの下にあるボタンを押すことで、ノイズキャンセリングの設定ができます。外部取り込みもできますので、電車内でも取り外すことなくアナウンスを聞くことができます。

ヘッドバンドのスライダーはアルミニウムでできており、高級感を保ちつつ軽量を意識しています。内側にはクッションが入っており、オンイヤーで側圧が気になるという方も、このクッションのおかげでかなり和らぎます。しかし、側圧が強いというという声が多くみられるので、一度試してからの方がいいかもしれないです。

持ち運ぶときは、折り曲げることで小さくしてポーチに入れることができます。折り曲げることで電源がOFFになり、広げることで電源がONになります。なので、広げたまま放置すると電源はついたままになるため、そこは気をつける必要があります。
H1チップというものを搭載しており、「Hey Siri」にも反応してくれます。更に、このチップがあることで音の遅延、接続の安定性が向上しています。

バッテリーは、ノイズキャンセリング機能ON状態だと、最大22時間OFF状態だと、最大40時間です。

基本性能

ハウジング(耳を覆うところ) 密閉型
装着の仕方 オンイヤー型
ノイズキャンセリング あり
イヤーパッドの素材 レザー系
重量 267g
接続方式 Bluetooth・充電はタイプC
まとめ

外出先で快適にヘッドホンを使いたい!という方におすすめです。

ワイヤレスとノイズキャンセリング有りで、ビーツの製品の中で最上位機種となっています。音質も装着感も見た目もproの名にふさわしいものとなっています。

値段も一番高く、手が出せないよ、と思う方はやめておいたほうがいいかもしれませんが、少し奮発して買ってみようと思っている方は、一度試してみることをおすすめします。試しに聴くことができるお店などへ行って、悩んでみてください。

ずっとair pods proを使っていましたが、バッテリー持ち(22時間)とワイヤレスヘッドホンに興味があったので購入。apple特化のヘッドホンは選択肢が少ないですね。ほとんどair pods proとの比較になります。
本体が大きい分、音質はair pods proよりも良いです。具体的にはair pods proだと少しボヤッとしていた高音と低音が綺麗に出ている感じ。H1チップでappleデバイス間の切り替えも良好です。ノイズキャンセリングに関しては、air pods proと比べると感動はないです。そもそも遮音性が高いのでそこまで劇的にノイズが消える感じはしないです。むしろノイズキャンセリングや外音取り込みはマイクがでかい分air pods proよりも風の音を拾いやすいです。あと外音取り込みはair pods proみたいに音量が自動で下がらないので注意。切り替えると音楽と外の音の両方が聞こえますが、音量を下げないと音楽で打ち消されます。これが若干不便。

側圧が結構強いのと、結構サイズがシビアかもしれないのも注意。私は他のヘッドホンでは調整範囲真ん中ぐらいで使ってますが、このヘッドホンに関してはMaxまで伸ばさないと入りません。どっかで視聴してから買うのが無難だと思います。

ワイヤレスヘッドホンを買うのは初めてでしたが、満足できる出来だと思いました。デザインもいいのでカジュアルに楽しむならこれぐらいで十分ですね。

引用元:Amazon-(Solo Pro)

セールで1万円以上オフになっていたので、以前から気になっていたこのヘッドフォンを購入。
最新OSで同じappleIDであれば意識せずに機器を変更してくれるのはとても便利。
ANCも期待に違わぬものでした。
が、頭の大きな私には側圧がキツすぎました。
家族のbeats solo を試着した際には問題なかったのですが、こちらは30分で痛くなってしまい、手放しました。
帽子でLやXLを求める方は量販店やAppleストアで試してからの購入をお勧めします。

引用元:Amazon-(Solo Pro)

ギザギザ

2. Solo3 Wireless

 Amazon

製品名 Solo3 Wireless
値段 ¥22,410(2021年7月)
販売開始 2019年6月
カラーバリエーション シトラスレッド・マッドブラック・ローズゴールド

バッテリーは2時間の充電で最大40時間、FastFuel機能により5分の充電で3時間再生可能です。

ワイヤレスヘッドホンですが、有線ヘッドホンとして使うことも可能です。充電コネクタはMicro-USBという、Androidのスマホ充電で見るようになった形です。見た目はビーツのロゴであるbの文字がイヤーカップに書かれており、シンプルなデザインです。

操作感としては、右側のイヤーカップ部分を押し込むことで音楽の設定ができます。イヤーカップ中央を押すと再生/停止、上部、下部を押すことで音量の設定、左右を押すことで、次の曲へ、前の曲へ行くこともできます。

電話に出ることや、長押しでSiriの機能を使うこともできます。W1チップを搭載することで、ペアリングの切り替えがよりスムーズになっています。ヘッドホンを持ち上げるだけで近くにある端末へ通知がいき、「接続」を押すことで繋がります。この通知はiCloudアカウントが繋いである、近くにある端末へ行くようになっており、スムーズにつなぐことができます。

オンイヤーヘッドホンの宿命ではありますが、やはり側圧がきついという意見も多く見られます。側圧について気にされるようでしたら、オーバーイヤーのものか、イヤホンを購入することをおすすめします。

基本性能

ハウジング(耳を覆うところ) 密閉型
装着の仕方 オンイヤー型
ノイズキャンセリング なし
イヤーパッドの素材 レザー系
重量 215g
接続方式 Bluetooth・充電はMicro-USB
まとめ

低音強めのワイヤレスヘッドホンが欲しい!という方におすすめです。

やはり、ビーツは低音が強めですので、EDMよりのものやJassなどを聞く方はおすすめです。
ですが、電車内などで使いたいという方は要注意です。ノイズキャンセリング機能はありませんので、その機能がほしいという方はstudio3かproを購入することをおすすめします。

デザイン性が高いヘッドホンが欲しくて購入。紺色のものを買いましたが、とにかくかわいいです。
普通のヘッドホンとして使うためのケーブルが入っていないので要注意だと思います。私は別に購入しました。
Bluetooth接続は、スマホがAndroid、パソコンがMacなのですが、どちらも同じくらいの速さな気がします。若干気まぐれで、速い時は本当に一瞬で繋がるし、遅い時は数秒かかります。そこまで気にならないです。
あとバッテリー持ちが本当にすごくて、充電はあっという間で、そこはさすがだなあと。
耳の締め付けが結構きついので、長時間の使用はおすすめできないです。購入して3ヶ月経ちますが、ようやく馴染んできた(緩くなってきた?)感じがします。痛くて1時間~2時間が限界かと。

引用元:Amazon-(Solo3 Wireless)

SOLO PRO も発売となりましたが、いわゆる『beats サウンド』を求めるならこちらをお勧めします。解像度の高いクリアな高音質ではありません。ノイズキャンセルもなく着けた時の静粛感も当然皆無です。ただ、ダイナミック型の特徴を活かし、耳に音を強引に押し込んでくるような力強く麻薬的な音圧感が、このヘッドホンの最大の魅力です。音は悪くても気持ちいいのがbeats本来のサウンドだと思います。今後のbeats製品は、Appleの元でさらにオールマイティな音質、そして高機能の方向へ進むと思われますので、このブランド設立当初の理念が色濃く残った最終のモデルになるかもしれませんね。beatsサウンドを求めるならコレです。

引用元:Amazon-(Solo3 Wireless)

ギザギザ

3. Studio3 Wireless

Amazon

製品名 Studio3 Wireless
値段 ¥34,442 (2021年7月)
販売開始 2017年 10月
カラーバリエーション ホワイト・シャドーグレー・ブルー・マットブラック・ミッドナイトブラック・レジスタンスブラックレッド・レッド

オーバーイヤーヘッドホンなので、耳が痛くなりにくく、オンイヤーのヘッドホンよりは長時間つけていられるようになっています。しかし、側圧が痛い頭の締め付けが強いなどの意見もありますので、1・2時間使ったら10分ほど休むことをおすすめします。

また、オーバーイヤーであることで密閉性があり、音漏れの心配がないことに対して、蒸れるという問題点もあります

バッテリーは2時間の充電で最大40時間、ノイズキャンセリング起動した状態で22時間、FastFuel機能により5分の充電で3時間再生可能です。

有線ヘッドホンとしてとつかえますが、充電がなくなると有線でも起動しなくなります。
音質に関しては、やはり低音が強めではありますので、EDM、Jassなどの低音好きにはたまらない音になっています。
ノイズキャンセリングは減音と捉えることが大事です。期待しすぎると残念に思うかもしれません。無音にしたいのであれば、ソニーやBOSSの製品を検討してみてください。

折りたたみも可能です。オーバーイヤーなので、オンイヤーに比べると大きいですが、付属ケースもありますので、持ち運びには良いです。

操作感としては、右側のイヤーカップ部分を押し込むことで音楽の設定ができます。イヤーカップ中央を押すと再生/停止、上部、下部を押すことで音量の設定、左右を押すことで、次の曲へ、前の曲へ行くこともできます。

電話に出ることや、長押しでSiriの機能を使うこともできます。W1チップを搭載することで、ペアリングの切り替えがよりスムーズになっています。ヘッドホンを持ち上げるだけで近くにある端末へ通知がいき、「接続」を押すことで繋がります。この通知はiCloudアカウントが繋いである、近くにある端末へ行くようになっており、スムーズにつなぐことができます。

基本性能

ハウジング(耳を覆うところ) 密閉型
装着の仕方 オーバーイヤー型
ノイズキャンセリング あり
イヤーパッドの素材 レザー系
重量 260g
接続方式 Bluetooth・充電はMicro-USB
まとめ

騒音がある中、低音強めのワイヤレスのヘッドホンを使いたい!という方に、おすすめです。

Beatsの低音を持ちつつ、ノイズキャンセリングでノイズを軽減し、ワイヤレスでつながるのでコードの煩わしさはありません。
ビーツのヘッドホンの中では、唯一のオーバーイヤーヘッドホンで、一番機能が盛り込まれています。ですが、それ故に値段が高いと感じる方もいると思います。なので、ノイズキャンセリングが必要かどうか、無線である必要があるかをよく考えて、選ぶことをおすすめします。

あれ、beatsこんなにムレたっけ?

ってぐらいムレる

密封性?

いや、ムレる

引用元:Amazon-(Studio3 Wireless)

この商品を買って後悔することはほぼ無いでしょう。そう言い切れるぐらい、素晴らしい商品だと感じています。デザインが格好いいのはもちろんのこと、サイドにある操作ボタンで音量を変えたり、流している音楽を次ぎの曲にスキップすることもできて、操作性もかなり高い水準です。

音質も大変素晴らしく、高い音から低い音まで鮮明に聞こえてきます。それだけでなく、流れてくる一つ一つの音が丁寧に重なり合い、重厚な音を奏でています。これは自分の使用した感覚ですが、このヘッドフォンをつけるとカラオケボックスのような狭い室内で、音楽を大音量で聴いてるような感じがします。

ノイズキャンセリング機能については、さらに音楽などを鮮明に聴けると言うイメージです。通常のイヤホンなどで音楽を聴く際、外部からの音が聞こえてくることが少なくないと思います。その外部からの音をできる限りシャットアウトしてくれるため、先ほど述べたように狭い室内で音楽を聴くような「音に集中」できる環境を作り上げています。さすがに大きい音は完全に遮断することはできませんが、それを差し引いても凄い質のノイズキャンセリング機能だと感じます。

予算に余裕がある方は購入を検討してみてください。

引用元:Amazon-(Studio3 Wireless)

ギザギザ

ビーツ有線ヘッドホン

4. EP

Amazon

製品名 EP
値段 ¥9,618(2021年7月)
販売開始 2016年 9月
カラーバリエーション ブラック・ホワイト・ブルー・レッド

ステンレスフレームにより、軽量で耐久力がありますイヤーパッドは厚みがあり、側圧が緩和されるよう工夫されています。2時間位つけていても大丈夫という意見も見られるほどです。

見た目はBeatsっぽいというよりApple製品のイメージを彷彿とさせると感じました。

ヘッドバンドのフレームを上下にでき、大きさを調節でき、頭の大きさに合わせて使用できます。折りたたみはできないので、持ち運びには向きません。

コードにリモコンが付いており、再生、一時停止や音量の調節ができます。コードは平なきしめん状のもので、絡まりにくいことが特徴です。

iOS上の音楽の操作が可能で、iPhoneなどでは設定の方から色々いじれます。

音質はビーツのイメージの低音マシマシというよりは、オールマイティに使えるものとして認識している方が多い印象です。

比較ポイント

ハウジング(耳を覆うところ) 密閉型
装着の仕方 オンイヤー型
ノイズキャンセリング なし
イヤーパッドの素材 レザー系
重量 200g
接続方式 イヤホンジャック
まとめ

1万円前後のヘッドホンを初めて買う!という方におすすめです。

音質ではオールマイティに使えるという部分とステンレスで強度がある中、イヤーパッドに厚みがあり、装着感も良いということです。
有線ではありますので、外出先では難しいかもしれませんが、ポーチもついてますので、お金の面で他のビーツ製品に手が届かない、、、という方も持ち運べなくはないです。ですが、やはり有線は家で使うことをおすすめします

beatsの良さはDrドレーによるサウンドチューニング。当時は賛否両論でしたね。否定派が多かったかな(笑)
ライブハウスの音響再現、溢れるハイパワーボルテージにリスニングデッドと化してました。

モンスター版のデトックスとアップル版のプロも持ってたので懐かしくて買いました。
あの疲れが溜まるほどのストイックでマニアックな音楽鑑賞ができることは期待してません。
今までの機種に比べリーズナブルだがサウンドの志向は旧来のbeatsと一緒で安心しました。
iPhone位の出力があればEDMも楽しめる、こちらは軽快なノリが持ち味。ロックもイケル!
側圧は音質に直結します、締め付けが気になる方は一旦外して休憩しましょう。
ヘッドホンは無骨な外見が多いなか、外見が可愛いのはレアな存在です。

引用元:Amazon-(EP)

音質以前に私はサイズ(横幅)が合いませんでした。
男性でも頭の小さい方は良いですが普通〜大きいサイズの方には
サイズは合わないかもです。
今は娘が喜んで使用してます泣

引用元:Amazon-(EP)

ギザギザ

まとめ

今回はビーツのヘッドホンをご紹介しました。ビーツのヘッドホンはとがっている部分があるので、デザインや音で気に入ったものがあればぜひ検討してみてください!

ぜひ自分好みのメーカーさんを見つけてよいヘッドホンライフにしてください。

ワイヤレス+ノイズキャンセリング(オンイヤー) Solo Pro
ワイヤレス(オンイヤー) Solo3 Wireless
ワイヤレス+ノイズキャンセリング(オーバーイヤー) Studio3 Wireless
有線(オンイヤー) EP

 

テレビで使えるものが欲しい方はこちらから探してみてください。

ヘッドホン おすすめ アイキャッチ【2021年版】1万円以下のおすすめヘッドホン6選~テレビ用のコスパ最強の商品を紹介します~

モニターヘッドホンをお探しの方はこちらから探してみてください。

1万円以内 おすすめ モニターヘッドホン【2021年版】1万円以下のおすすめモニターヘッドホン6選~DTMや動画編集用のコスパ最強の商品を紹介します~

ゲーミングヘッドセットをお探しの方はこちらから探してみてください。

おすすめ ゲーミングヘッドセット アイキャッチ【2021年版】1万円以下のおすすめゲーミングヘッドホン6選~ゲーム用のコスパ最強の商品を紹介します~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です